パネルシアター屋たんたんたんけんたい

子どもたちに夢と笑顔を届けるパネルシアター屋たんたんたんけんたい!関西から全国どこでも飛び回ります!

10/31第5回京都児童文化協会2015「京わらべ~現代(いま)・むかし~」

time 2015/09/22

10/31第5回京都児童文化協会2015「京わらべ~現代(いま)・むかし~」

sponsored link

今年で5周年ですね!

毎年出演させてもらっている京都児童文化協会「京わらべ~現代(いま)・むかし~」に今年も出演します!

この会は簡単に説明すると、子どもたちのためのお楽しみイベントです!

  • わらべ歌
  • 素話
  • あやとり
  • 紙芝居
  • 人形劇
  • パネルシアター
  • 折り紙
  • 言葉遊び
などなど、子どもたちが観て聴いて楽しめる豪華盛りだくさんの内容です!
もちろん僕はパネルシアターをします。

京都児童文化協会とは

僕のパネルシアターの師である佛教大学の高橋 司教授が5年前に立ちあげた会です。
この会には「子どもたちに児童文化に触れ豊かな心を育んでほしい」という思いがこもっています。

現代ではメディアが普及し、児童文化というものが失われつつあります。

便利になりすぎた今、子どもは

絵本よりも、
折り紙よりも、
紙芝居よりも、
わらべ歌よりも、

テレビ、スマホ、ゲームに浸っている時間が多いのです。

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_06_Lisa88_sumahoganmi20141018093542-thumb-1000xauto-17986

今どこに行っても、子どもたちは暇な時間をスマホで過ごしている姿をよく見ます。
大人が与えているのです。

なぜか?

スマホでゲーム、youtubeを見せていれば手がかからないからですね。
ですが、一度立ち止まって考える必要があります。

 

 

 

それで子どもの心は豊かになるのでしょうか?

 

 

 

児童文化というのは大人と子どもの温かい触れ合いがあります。

また、児童文化ならではの語りやリズム、演者の人間性を肌で感じ取る(実体験する)ことで楽しい!面白い!と、心が動くのだと思います。

これはスマホを通しては絶対に、絶対に得られることはできません。

 

分かりやすく言います。

嵐のライブをテレビで鑑賞する
嵐のライブをで鑑賞する

どちらが心に残るかということですね。

 

僕は今でも子どもの頃に観た紙芝居のワクワク感が忘れられません。

ぜひ子どもたちには直に児童文化に触れる機会を与えてあげてほしいと思います。
僕は子どもたちの豊かな成長のため、一生児童文化に携わっていきます。

 

京わらべ~現代(いま)・むかし~詳細

日時:1031(土) 13:00~15:50

場所:佛教大学 四条センター

〒600-8008
京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4階

参加費:無料(予約不要)

お問い合わせ:質問等あれば佛教大学四条センターではなく、僕に直接連絡ください。

mail:tatatankazu@gmail.com

sponsored link

down

コメントする




公演依頼はコチラ

たんたんたんけんたい

中村和磨

中村和磨

とにかく子どもと触れ合うのが大好きな26歳の若僧です。パネルシアターやジャグリングを通して子どもたちに素敵な時間を過ごしてもらえれば嬉しいです。
全国どこへでも飛んでいきますのでお気軽にご相談ください。
[詳細]

人気記事

まだデータがありません。

公式LINE@

LINEで友達追加!!

ID検索でも追加可能です。
LINE@ID:@edk7341p


sponsored link